中国No.1の口コミ投稿サイト 大衆点評とは 世界1000ヵ国/地域で毎月2.5憶人が利用する理由

中国No.1の口コミ投稿サイト 大衆点評とは 世界1000ヵ国/地域で毎月2.5憶人が利用する理由

中国では口コミが重要視されます

中国は、口コミが人々に大きな影響をもたらす国です。

外食も旅行も、ネット上に投稿された評判を元に行き先を決め、実際に行って気に入ったら、今度は自らが情報をシェア。お店や旅先で得た体験を発信します。

日本でも、口コミサイトやtwitterなどのSNSで話題になった場所や商品が、メディアで毎日のように紹介されていますが、とある調査によると、中国はそんな日本の3倍以上もネット上の口コミを重要視しています。

別の調査では、訪日する人の割合が多い30代中国人は、テレビ、ラジオ、新聞といったマスメディアと比べて、10倍~40倍以上も、ネットの口コミを信頼していることが明らかになりました。

そんな中国の口コミ文化を支えているのが、中国口コミサイト最大手「大衆点評」というわけです。

大衆点評とは

「大衆点評」は2003年4月にサービス提供を開始した、世界中の店舗情報と消費者によるレビューを掲載する中国最大の生活情報アプリです。”中国最大のグルメナビサイト”と評されることが多いですが、掲載情報はレストランに留まらず、ショッピング、エンターテイメント、ホテル、サロン、クリニックなど3300万件以上の登録店舗数があります。全世界の1000を超える国と地域をカバーし、登録ユーザー数は6億人、月間アクティブユーザーは2.5億人に達しています。
中国政府提供のデータによると、日本を訪れる中国人FIT旅行者(海外個人旅行者)の45%が旅行前に大衆点評のレビューを参考にしており、日本へ旅行する中国人にとって欠かせない情報ツールになっています。また、店舗情報やレビュー以外にも各種割引特典付きチケットなどが多数掲載されており人気を支える理由の1つとなっています。

各ジャンルで中国最大級

世界に広がる掲載店舗 1000を超える世界都市をカバー

世界中の観光都市をカバー

全世界で1000を超える国と地域をカバー。270万以上の口コミ情報。海外での日次アクティブユーザー最高数は36万ユーザー、月間アクティブユーザー数300万以上を誇る。

海外旅行へ行く中国人のAPP利用率

中国政府提供のデータによると、FIT旅行者の30%以上が旅行前に大衆点評の口コミを参考にしている。GoogleマップやWeChatに加えて、海外へ旅行する中国人にとって人気のあるモバイルアプリの1つになっています

  • 訪日中国人旅行者の
    約45%が利用
  • 毎月、平均257万人もの中国人海外旅行者が利用
  • 中国国外における日次アクティブユーザー数は40万人

主な日本の掲載店舗

大衆点評って何ができるの?

「大衆点評/大众点评」は日本語で、「みんなの口コミ」という意味です。
主な使い方としてはユーザーが「大衆点評」にお店の評価を書き込むといったものです。
よってあらかじめ、登録された店舗は存在せず、店舗登録、口コミなど全てユーザーが行います。

イメージは日本の「食べログ」に近いものになりますが、「大衆点評」は飲食店だけではなく、小売店、ショッピングモール、ホテル、映画、美容室、交通など生活情報に関わる様々な店舗が登録され、中国の2,800以上地域で、2,000万以上の店舗が掲載されています。
また、店舗情報や口コミ以外にも各種割引チケットや、ネット予約、デリバリーサービスなど様々なO2Oサービスを提供している為、「口コミ評価」と「特典情報」を確認し、事前にチケットを購入することが中国人の間では当たり前になっています。

特典情報や予約など
ワンストップで完結

充実した海外情報

大衆点評には1000超える国と地域、1000万以上の店舗情報が網羅されています。
海外旅行を考えている中国人は、事前に情報サイトやSNS等で旅先の情報を検索していますが、その中で最も人気のある情報ツールの1つが大衆点評です。
中国政府提供データによれば、日本を訪れる約45%の中国人が利用しており、大衆点評に登録されているかどうかが、中国人集客の大きなポイントとなっています。

中国人の生活に欠かせない生活情報アプリに成長

日本に住む私たちも普段から情報サイトでお店選びをするケースは少なからずあると思いますが、観光客にとっては、せっかくの海外旅行、現地の美味しい料理を味わいたいものです。
大人気のお店を、できればお得に。尚且つ事前に予約も済ませたい。
そんなすべてのニーズに応えるのが大衆点評です。

GPS機能で現在地から近くのお店を表示。MAPと連動してユーザーをお店までナビゲート。

FIT旅行者が増えている今がチャンス

訪日中国人観光客は団体ツアーから個人観光へ移行。
訪問先は各旅行者が個人で選別。

2017年度日本を訪れた外国人観光客は約2,869万人。食事・お土産の購入先が指定された、いわゆる爆買い格安ツアーは年々なりを潜め、中国人の日本旅行はFIT(個人旅行)で日本の文化を楽しむといった体験型へシフト。

訪日中国人の45%が『大衆点評』を利用
※中国政府公表データ

『大衆点評』で探すのは飲食店だけではない

《訪日中国人の旅行目的》

  1. 1位. 日本食を食べること 66.3%
  2. 2位. ショッピング 63.6%
  3. 3位. 自然・景勝地観光 58.6%
  4. 4位. 繁華街の街歩き 46.1%
  5. 5位. 温泉入浴 40.4%

平成28年訪日外国人消費動向調査(観光庁)

大衆点評の導入は、日本公式パートナー・ジェーシーコネクトで

私たちジェーシーコネクト株式会社は、大衆点評を運営する美団点評の日本公式パートナーです。2019年に実施された『中国インバウンド集客満足度』、『中国プロモーション支援お客様満足度』の調査では、いずれも1位を獲得。豊富な実績とノウハウを元に、大衆点評を活用した中国インバウンド集客をご支援いたします。